キムチママ冬のランチメニュー

キムチチゲとキムチ鍋の違い・豆腐チゲ素の説明

 

キムチチゲの素はキムチの素で作ります。

普通は鍋の中に炒めたキムチ、野菜、バラ、海鮮などを入れ、水も入れ、

具材を全部入れ終わったら火をつけます。

このとき具材を多めに入れると味がうすくなるのでキムチの素を入れると

もっとコクが出て塩分も合うようになります。日本式の鍋がキムチ鍋ですね!

韓国式のチゲはキムチが90%にあとバラが入ると贅沢なキムチチゲになります。

普通はちょっとの野菜と豆腐ぐらいが全部です。このときキムチが多いので当然塩分も

キムチの量に合わせて水を入れます。(キムチママのキムチチゲは炒めたキムチ200gに

水250ml+玉ねぎ50g+角天1枚+豆腐少し+トッポキ2本です)

(キムチママのキムチ鍋は具材たっぷり+キムチ素です)

人の手の味が全部違うので必ずしもこの味だとは決められないのです(キムチチゲやら鍋などなど

早めにレシピ作ってブロクに乗せるようにします。)(^v^)


豆腐チゲの素は

唐辛子の唐辛子油に唐辛子を入れるのでキムチ素とはぜんぜん違います。(^v^)

一度お茶でも飲みに来てください。

しそ葉の香りの良い茶を出しています。